ダイエット(体重減少)

Effect of glucomannan on obese patients : A cliniscal study
(D.E.Walsh et al. internatinal Journal of Obesity 1984)

 

肥満患者20人にぷらせぼ群(デンプン換算)1.5/日、試験群(グルコマンナン換算)3.0g/日摂取が体重に与える影響について検討した結果、グルコマンナン摂取後は満腹感を感じ、体重、コレステロール、中世脂質で優位な変化が認められた。
また便通改善も認められた。

 

Glucomannan in the treatment of oberweight patients with osteoarthrosis
(G.Biancardi et al. Current Therapeutic Research 46, 5, 1989)

 

 

20人の日肥満患者がグルコマンナン1.5gとぷらせぼを朝食前と夕食前に二盲検クロスオーバー法で2ヶ月間摂取したところ平均3.7kgの体重減少がかくにんされた。期間中、摂取カロリーを低下する支持や指導は行われなかった。

 

便秘改善作用

慢性便秘症患者78人に1日当たり3gのグルコマンナンを経口投与するため、0.5GM入りのカプセルを食事時に摂取させた結果、1週間に1回の排便であった人が4回に増加し、また浣腸を使用した回数は1.8〜0.4回に減少していた。

 

血糖値上昇抑制作用

高血糖患者8人の炭水化物を中心とした朝食にグルコマンナンを添加して摂取させた。
2.5gおよび5.2gのグルコマンナン摂取のみで、反作用的な血糖値の上昇が抑制され、食後のプラズマインスリンの上昇も抑えられた。
少量のみのグルコマンナン摂取でも、味の低下や炭水化物の消化不良を起こすことなく反作用的な血糖値の上昇抑制に有効であるといえる。

 

血清総コレステロール低下作用

。健常者63人を2群に分け、1群には4週間グルコマンナン3.9g/日の 投与後、2しゅうかんのwashout期を経てぷらせぼを4週間投与し、2群には4週間のぷらせぼ投与後、2週間のwashout気を経てGM3.9g/日を投与した。

 

結果、総コレステロールは10%、LDL−コレステロール値は、7.2%、中性脂肪は、23%最大血圧は2.5%減少した。

 

一部のみ抜粋してます。